赤外線用アルミ反射板のご紹介
IRシリーズロゴ
 
 

 赤外線用アルミ反射板『IRシリーズ』

   

イタリア・アルメコ社のIRシリーズは、赤外線域の反射に特化し開発されたアルミ反射板です。
 
高反射アルミ板は、特定方向へ放射を集中させ、放射照度を最大化するのに貢献します。
ストーブ・ヒーター用の反射材としてだけでなく、塗料・接着剤の硬化、プラスチックの成型時の加熱処理に高効率反射板を使用することで、加熱を早め製造の効率を上げることが可能です。
 
 

赤外線域グラフ

 
 

- アルマイト処理済アルミ -

 
IRシリーズは、アルメコ社のその他の製品と同様にアルマイト処理(陽極酸化被膜処理)が施されています。均一な薄い被膜により、高い反射率と耐腐食性を両立します。
 
アルミ生地材と比較して、表面の腐食による鏡面反射率の低下を大幅に抑えることができるため、IRシリーズは、反射光の光学制御を長期間にわたり発揮することができます。
 
弊社では、アルミ板の在庫販売もしくは加工品での販売まで対応しておりますので、お気軽にお問合せ下さい。
 

『IRシリーズ』商品ラインアップ

◆ IR10・IR23 シリーズ

- 近赤外線域での高反射率と耐腐食性が特徴 -

 

IR10 ・・・ 鏡面仕上げ
IR23 ・・・ ハンマートーン仕上げ 

 
材質:純アルミ 1085
調質:H18
定尺:0.5t x 1250 x 1300mm
在庫:あり 
 
 
鏡面反射イメージ
鏡面反射イメージ

 

◆ IR19・IR13 シリーズ

- 中波長~遠赤外線域での高反射率が特徴 -

 

IR19 ・・・ 鏡面仕上げ
IR13 ・・・ ミル仕上げ

 
材質:IR19 純アルミ 1085
   IR13 純アルミ 1080
調質:H18
定尺:0.5t x 1250 x 1300mm
在庫:なし
 
拡散反射イメージ
拡散反射イメージ

 

- 反射イメージ(鏡面) -

『IRシリーズ』反射特性・機械的特性

 

<波長ごとの反射率>

 
 

<光源温度/波長 放射エネルギー>

  
 

<黒体放射温度 / 反射率>

 

- 板金加工例 -

vegaUV-C 加工例1

コの字曲げ(ピン角、2.5R)

vegaUV-C 加工例2

R曲げ

vegaUV-C 加工例3

R曲げ

※アルミ平板での販売だけでなく、加工まで請け負うこともできますので、お気軽にお問合せ下さい。
 例)シャーリング、ベンダー、タレットパンチ、レーザーなど
 

- 『vega』関連商品 -

vega

照明用反射板
高反射率93-98%

vegaUV

殺菌・滅菌
UV硬化

VLB

COB基板用

vega energy

太陽熱発電

TiNOX energy

太陽熱選択吸収

Daylighting

太陽光採光